たいりょうのちょっと一息

yahooブログから引っ越し中

『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』(☆3.4) 著者:宇月原晴明

1930年、ベルリン滞在中のアントナン・アルトーの前に現れた日本人青年は、ローマ皇帝ヘリオガバルスと信長の意外なつながりを彼に説いた。ふたりはともに暗黒の太陽神の申し子である。そして口伝によれば、信長は両性具有であった、と…。ナチ台頭期のベルリ…

「初めてのミステリは何がいい?」~『本楽大学ミステリ学部』第1回レポート~

(2007.1.12 ブログ再録) しろねこ・・・もとい、マダムホワイトさんによる『本楽大学ミステリ学部』がついに開校した。(→詳しくはこちら) そもそもマダム・ホワイトさんは校長と呼ぶべきなのか、学長と呼ぶべきなのかそこがすでにミステリ・・・。 いやそ…

『犬坊里美の冒険』(☆2・6) 著者:島田荘司

雪舟祭のさなか、衆人環視の総社神道宮の境内に、忽然と現れて消えた一体の腐乱死体!残された髪の毛から死体の身元が特定され、容疑者として、ひとりのホームレスが逮捕・起訴された―。しかし、死体は、どこに消えたのか?そして、被告人の頑なな態度は、なぜ…

『ボトルネック』(☆3.6) 著者:米沢穂信

恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった。―はずだった。ところが、気づけば見慣れた金沢の街中にいる。不可解な想いを胸に自宅へ戻ると、存在しないはずの「姉」に出迎えられた。どうやらここは、「僕の産まれ…

『結婚なんてしたくない』(☆3.0) 著者:黒田研二

結婚を意識しながらも、シングルライフを満喫する5人の男たち。そんな彼らの前に"運命の女"が突然現れ、やがて平凡な日常生活が崩れていく。 yahoo紹介より いちおうくろけん応援団見習いの僕ですが、この本を読むのには躊躇しておりました。 なんてたって独…

『図書館内乱』(☆4.0) 著者:有川浩

「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメント第1位に輝いた『図書館戦争』有川浩、最新刊!!図書館の明日はどっちだ!?やきもき度絶好調のシリーズ第二弾、ここに推参。 yahoo紹介より 昨日読み終わった『図書館戦争』に続いて、連続読破です。 前作の…

『図書館戦争』(☆4.2) 著者:有川浩

正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ。 yahoo紹介より 「本の雑誌」2006年上半期エン…