たいりょうのちょっと一息

yahooブログから引っ越し中

『新宿少年探偵団』(☆2.5) 著者:太田忠司

https://m.media-amazon.com/images/I/514K6D06G4L._AC_UL872_FMwebp_QL65_.jpg

希望と絶望、あらゆる欲望が交錯する混沌都市・新宿に出現した「θ(シータ)」と呼ばれる怪物体。不思議な磁場に引き寄せられるように集まった、4人の少年たち。魔物を自在に操り、次々と猟奇殺人を犯す「髑髏王(どくろおう)」の目的とは!?恠(あや)しく邪悪な意志に対峙する「少年探偵団」。読みだしたら止まらない、傑作冒険譚!!

Amazon紹介より


乱歩の「少年探偵団」を今の時代に持ってくると、こうなるんだね~。
ナイフ投げの名人、超絶格闘技少女、天然2重人格お嬢様、パソコンおたくの4人組中学生が、ひょんな事からタッグを組んで新宿に跋扈する化物(?)と対決する、というちょっと帝都物語入った設定のシリーズ第1弾。

それぞれのキャラもとりあえず上手く設定されているので、読んでいてすごく分かりやすいですな。
物語自体もまさにライトな帝都物語&少年探偵団。
謎のリーダーに渡される道具の数々が、昔ぼくらが想像したような探偵7つ道具を彷彿させりようなモノばかりでニヤッ。

狩野俊介シリーズといい、太田さんはこういうライトなモノを書いても結構うまいですよね。
もちろん、霞田四郎シリーズにも期待してます。でも、バロンはどうなのよ・・・。
ともかくも、シリーズの次の作品も読んでみようかな、とは思います。