たいりょうのちょっと一息

yahooブログから引っ越し中

『時計館の殺人』 著者:綾辻行人

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51f7JuvohdL._AC_US400_FMwebp_QL65_.jpg

館を埋める108個の時計コレクション。鎌倉の森の暗がりに建つその時計館で10年前1人の少女が死んだ。館に関わる人々に次々起こる自殺、事故、病死。死者の想いが籠る時計館を訪れた9人の男女に無差別殺人の恐怖が襲う。凄惨な光景ののちに明かされるめくるめく真相とは?第45回日本推理作家協会賞受賞。
                              
Amazon紹介より
 

 『館』シリーズも第5弾。

 うん、凄いですなこりゃ。推理作家協会賞受賞ですか。うん、十分納得できますな。
シリーズの中で、館のモチーフと作品がもっとも有益に絡みあってる作品ですね。
ラストシーンも美的センス炸裂って感じでOK!!多分こんな幻想的な部分、好みなんでしょうね僕の。

 時計というモチーフと過去の事件の件から、大体の真相はわかりました。ただ完璧に解けたかというと、あんな計算やってられんよ、実際に(笑)。カレンダーの件も同様に、知るかそんなもん(笑)。

 被害者の数は綾辻さんの中では恐らく『殺人鬼』の次ぐらいに多いのですが(笑)、たくさん人が死ねば死ぬほどドキドキするのはミステリファンの悪いところなんでしょうかね~。

 ロジックやトリックなんかも含めて、総合的に見るとシリーズの中でもやっぱり1番の出来という事になるのではないかと思います。
俺の好みは違うけどね♪

 ところで、この本でも紹介されてる谷山浩子さんのCD『王国』は、確かに聞いてみる価値はあるのかな。なんか綾辻作品にぴったりの曲ばかりです。
収録曲の「歪んだ王国」では、はっきりと綾辻さんの声が聴き取れます。おお、これが綾辻ボイスかと当時は感動したもんでした(笑)。

 

(2205.10.10 ブログ再録)