たいりょうのちょっと一息

yahooブログから引っ越し中

探偵宣言―森江春策の事件簿 著者:芦辺拓

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/519V102YGEL._AC_US400_FMwebp_QL65_.jpg

 
 溢れる奇想、漲(みなぎ)る機知。これぞ本格のびっくり箱! 血塗られた時計塔の惨劇は序章にすぎなかった。飛翔する死体、消失する山荘、謎めく血文字、殺し合う死者たちなど、素人探偵・森江春策に突きつけられた奇妙奇天烈な7つの謎。起こった時代もバラバラの不可能犯罪を解き明かすうち、世界は一変する!?驚愕と衝撃の芦辺ワールドに奇想のタネは尽きまじ。
 
 

 芦辺拓といえば、森江春策。しかし、この探偵さん、ものすごく無個性というか、地味な印象が。そんな彼がどうして探偵になっていったのか。高校時代の事件時代から、現在に至るまでの事件を通して描いていき、最後のエピソードで驚愕の真相が明らかに・・・というのが芦辺さんの狙いだそうですが、 うーん、何か効果的じゃないなあ。 一つ一つのエピソードが、シンプル過ぎてあまり記憶に残らないのか、はたまたトリックが機械的すぎるのか?なによりも、ラストエピソードに向けての伏線があまり無いのが難点なのかなあ。いや、あるにはあるんですが、うーんなんじゃそりゃ(笑)的なというか。 芦辺作品は嫌いじゃないですが、うーん、物語全体を収束する部分にもう少し工夫が欲しいなあ。